エロスとタナトス

2007-07-26

吉本大輔 舞踏公演を観て というか そこにいて感じとったものがコトバとして浮き上がってきた。

『エロス』、愛の枯渇と孤独を通した性的衝動
性から逃れられない人間の限界
性を超越した自分の中の何か

美しくありたい

葛藤。

欲望をコントロールしない ありがままの自分でありたい そんな自分になりきれない哀しさと苛立ち

人間=動物の本能
神になれるのか
それとも神の一部なのか

いいんだ!

とにかく楽しく生きよう!
きれいな服を脱ぎ捨て、ありのままに踊ろう!