池袋「たまにはTSUKIでも眺めましょ」

2014-04-25

池袋駅から歩いてかなり時間のかかる、とても目立たない

お店「たまにはTSUKIでも眺めましょ」に行ったのは、

今から、10年位前だろうか。

オーガニックのお酒や食事ができて、

ロハスのイベントに興味があったので、

友人一人を誘って、行ってみた。

その日、2件目のお店だったので、

21時とか22時とか結構遅い時間だったということもあってか、

他に客はいなくて、閉店まで僕ら二人だった。

主人はもの静かで、自己主張するところもなく、

話し相手になってくれた。

きわめてマイペースでがつがつしていない。

自分の価値観を大切にしているようである。

だから、ここに行くと、それまでの忙しい自分の生き方を

見直すことができる。

脱サラをしてこのお店をオープンしたらしい。

「減速して自由に生きる-ダウンシフターズ」という本も出したらしい。

帰りに、木製のいかにも手作りといったペンダントを
買った。

それからかなり年月が経っているが、まだ、このお店は

池袋のその場所にあると聞いた。

この時代にあって、貴重な場所である。
千里眼FX バックパッカートレーダーズアカデミー