異常がないと診断される過敏性腸症候群の改善法

2014-04-30

1日に幾度も下痢や腹痛になる過敏性腸症候群は、とても厄介な

病気だ。電車にもおちおち乗ってられない。いつ下痢になるかわからないし、

トイレに間に合わない不安があるからだ。

消化器内科では検査を受けても胃腸に異常はないと診断されてしまう。

消化器内科で処方された薬も効果が中々出ない。

そこで、原因がストレスと気づくかどうかがポイントである。

消化器内科で精神的な要因を患者に伝えるかは、その先生がどこまで

心療の領域に理解があるかで変わってくる。

大抵、胃腸病はストレスが原因であることは一般的に知られているので、

自らが調べてり動いて、心療内科に相談するのが妥当である。

心療内科では、投薬のみ行う所は避けた方が良い。

対処療法に過ぎない。

できれば、ストレス軽減に有効な呼吸法や体操、自律訓練法などを

指導して、生活面で改善を指導してくれる病院を選ぶと良い。
下痢改善プログラム 短期集中講座