‘健康’

機能性ディスペプシア

2014-04-27

潰瘍がないのに臓器の機能が働かない、、

胃の不快な症状をディスペプシアというらしい。

時には拒食症と診断されることもある。

食事をした時に飲み込むことがうまくできず、

胃が正常に動かない時に起こる。

食べてもなかなか消化しない。

こういう場合は、消化器内科を受診して、

胃の機能を高める投薬治療をするが、

それでも改善がみられない場合、

まじめな気質からくるストレスに起因している

可能性を考えて、精神科や心療内科で精神面の

アプローチも必要である。
古賀式拒食症・過食症改善プログラム 摂食障害アドバイザーによる的確なアドバイス

骨の溶けるゴーハム病

2014-04-27

骨の一部が溶けるゴーハム病を初めて聞いた。

患者は世界で200人ほどの希少難病であり、

国内の数は把握されていないという。

原因は不明で、肋骨などの骨が溶け、

徐々に痛みも生じる。

受け入れてくれる病院は、患者や家族自らが探さなくては

ならない。

放射線治療やインターフェロン注射で症状の進行を緩やかにするか

もしくは止まったという例もあるという。

公費助成の対象外の難病である為、経済的負担も多い。

国の難病指定が待たれるばかりである。
【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

ストレスによる過敏性腸症候群の対処法

2014-04-27

経を使うストレスの多い営業職の会社員に

この病気で悩んでいる人が多いようだ。

下痢でトイレに行く回数が増えて、

通勤時に電車に乗っている時、会議中など、

所かまわず、時間を選ばずに、

下痢が襲ってくる。

電車はトイレがないので、駅で途中下車しても、朝は利用する人が

多く、使用中だったりして、とても困った経験があるものだろう。

治療は薬物によるものが中心であり、副作用の心配もあるので、

副作用の少ない漢方薬に切り替えるか、

もしくは、原因となるストレスを軽減するという対処法も

考えて方が良い。

またストレスによるものであれば、心療内科で相談する方法も

一つである。
不眠、不眠症の方のためのセラピーCD「睡眠革命」

職場環境で変わる食習慣|糖尿病などに注意

2014-04-27

1日大半を過ごす職場。

この職場がどんな環境で、どのような食事がとれるかといった

ことで、食事の内容が決まってしまうこともある。

例えば、サービス業の場合、

会社員と違って、食事を簡単にすませることが多い。

会社員は接客のない部署では、しっかりと食事休憩がとれることが多いが、

店舗、例えば、交代のきかない職場で、

美容師、整体師、販売員などは、お客様次第なので、

食事がとれなかったり、とれても時間がまちまちだったりする。

えてして、そういう環境の場合、菓子パンだけですませてしまったりと

簡単にすませることが多いので、栄養が偏って肝機能や血糖値の数値がが悪化し、

糖尿病や様々な病気にもなりやすい。

そういう環境の場合は、健康管理にはより意識をもった方が良い。
【糖尿病】薬なし注射なしで、食事だけで血糖値を下げる藤城式食事法DVD。たったの3日でも血糖値が下がっていきます。改善しなければ100%返金。(DVD付き)

フットパスで里山を歩く

2014-04-26

森林や里山や田園、古い町並みを歩いてフットパスが

ひそかに人気らしい。

フットパスは小道のことで、選定された魅力のある場所。

英国で貴族の土地占有という歴史から歩く権利としったのが始まり。

日本では町おこしの一環として、コースの選定も始まり、

徐々に広まったきたようだ。

主に中高年が多いが、最近では、若い女性も増えてきたという。

ハイキングやトレイルなどの違うのは、小道というところだろう。

日頃、歩けない小道に足を踏み入れるのも、小さな刺激になって

おもしろいかもしれない。
先行ハンモック YouTuber Academy

« Older Entries Newer Entries »